【レビュー】Cintiq16と13HDを比較!Pro24・Pro32も比較するぞー!

まったく再生されなくて泣けるから見てほしい…!
友達にシェアしてみてください…

Cintiq16のレビュー動画作りました!

スネゲゾビコ
真面目にレビューしてるよ~
スネゲゾンビ
珍しく普通にレビューしてるぜ…

まずは知ってほしい!ワコム液タブの熱さランキング

第1位は「Pro16」です。夏の日差しを浴び続けた鉄板レベルより少しぬるい感じの熱さです。(結構やばい

第2位は「Pro13」はぬるいとは言えないレベルの熱さです。

第3位は「Pro24」「Pro32」です。こちらはぬるいのでガマンできますね。

最も熱くない…むしろ冷たいのは「Cintiq16」です!これはスゴイ!

スネゲゾビコ
お絵描きが快適だ~
スネゲゾンビ
夏にウンザリしなくて済みそうだぜ!

Cintiq16レビューとCintiq13HDを比較

Cintiq 13HD Cintiq 16
価格(税込) ¥77,760 ¥73,224
画面サイズ 13.3型 15.6型
解像度 1920 × 1080 1920 × 1080
最大表示色 1677万色 1677万色
色域 72% Adobe RGB 72% NTSC
アナログボタン ×
タッチ × ×
筆圧 2048 8192
入力端子 3in1ケーブル 3in1ケーブル
接続用ポート 右に飛び出る 裏側で隠せる
液晶の熱さ 下が熱い 冷たい
スタンド 別パーツ3段階 折りたたみ1段階
VESAマウント ×

色域について

出典:https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/other/itmedia02_01/

色域は「72% Adobe RGB」と「72% NTSC」で表記が変わってますね。

色域自体はそんなに変わらないみたいです。

コストダウンするために必要だったんでしょうかね。

相変わらず”青っぽい”のはどちらも同じです。

参考記事:EIZO「第1回 大事なのは”正しい色”を表示できること

筆圧について

  • Cintiq13HD:2048
  • Cintiq16 :8192

「13HD」と「16」のペンを比較してビックリ!

今はプロペン2に変わって筆圧も4倍になってるんですね~

筆圧8192レベルに対応しているソフトを以下を参照してみてください。

参考記事:筆圧8192レベル 対応ソフトウェア一覧

ケーブルについて

ケーブルは3in1ケーブルが同梱されてます。

パソコン本体に「HDMIケーブル」があるか確認しましょう。

無ければディスプレイポートかミニディスプレイポートの変換ケーブルを繋げましょう!

接続用ポート

「16」は裏側にあり蓋をすることで完全に隠せます。

「13HD」が右側面にあり、出っ張ってへし折れそうです。

スネゲゾビコ
この改善が一番うれしい!

Cintiq16レビューPROを比較してみた!

Cintiq16 Cintiq Pro 13 Cintiq Pro 16 Cintiq Pro 24 Cintiq Pro 32
価格(税込) ¥73,224 ¥89,856 ¥181,440 ¥311,040 ¥397,440
画面サイズ 15.6型 13.3型 15.6型 23.6型 31.5型
解像度 1920 × 1080 1920 × 1080 3840 × 2160 3840 × 2160 3840 × 2160
最大表示色 1677万色 1677万色 1677万色 10億7,374万色 10億7,374万色
色域 72% NTSC 94% Adobe RGB 99% Adobe RGB 99% Adobe RGB 98% Adobe RGB
タッチ ×
視差
筆圧 8192 8192 8192 8192 8192
入力端子 3in1ケーブル USB Type-C
HDMI(別売)
DisplayPort(別売)
Mini DisplayPort
USB Type-C
HDMI(別売)
DisplayPort(別売)
Mini DisplayPort
USB Type-C
HDMI
DisplayPort
Mini DisplayPort
USB Type-C
HDMI
DisplayPort
Mini DisplayPort
接続用ポート 裏側で隠せる 左右が飛び出る 左右が飛び出る 裏側で隠せる 裏側で隠せる
液晶の熱さ 冷たい 上が熱い 上が超熱い 上がぬるい 上がぬるい
VASAマウント × × △別売り △別売り

Cintiq Pro 16以降は4K対応、色域もよし

出典:https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/other/itmedia02_01/

「Pro16」以降のタイプは4K対応のパソコンなら「3840 × 2160」で表示できます。

「Pro13」以降は色の正確に表示してくれます。

「16」画面が青みがかっているので、色を重視するならPRO一択ですね。

Proシリーズは視差が少ない

「13HD」「16」はガラスが厚いため、画面端の方ではかなり視差がありました。

PROでは「オプティカルボンディング」の技術が使われているため軽減されています。

ケーブル類は色んな手段がある

PRO13・16

USB Type-Cケーブル

「USB Type-C」以外はWacom Link Plusを使って接続します。

HDMIケーブル
DisplayPortケーブル
Mini DisplayPortケーブル

PRO24・32

USB Type-Cケーブル
HDMI,DisplayPort,Mini DisplayPort

「Pro24」「Pro32」はケーブルがすべて同梱されてます。

参考pdf:ワコム製品ガイド(PROシリーズ)

とりあえず詳しくは動画を見てほしい

「13HD」から「16」に乗り換えたのですが…

安い!画面が大きい!ケーブルが隠れる!画面が冷たい!

と言う感じでメリットが多かったです。

スネゲゾビコ
結論としては買ってよかった!

保護フィルムはコチラを使いました

紙のような書き心地でした。

問題なく張れたのでおすすめかも。

まとめ

スネゲゾンビ

Cintiq16は買いだ!

Cintiq16は色々スマートになっていたので私好みでした。

「液タブデビューしたい」「線画重視」「色確認はメインディスプレイでやる」等の方々は買ってOK!

液タブで色を確認したい方はPRO!って感じです~

とにかく大満足の買い物でした!

スネゲゾビコ
ありがとうCintiq13HD!
スネゲゾビコ
これからよろしくCintiq16!
スネゲゾンビ
これで10年は戦えるぜ…!

 



YOUTUBEでアニメを公開中です!


YOUTUBE「メイドインハシモ」を見に行く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です